• 保育士の採用方法に関して

    最近の日本においては保育所に落ちたことに対して、非常に悲痛な思いを寄せている人たちがたくさんいることが現状となっているのですが、現在の日本においては保育所の数が児童数に対して不足しているだけでなく、保育士の数が圧倒的に不足しているため、このように保育所に入れずに待機児童として待っておかなければならない状況が続いているのが課題となっています。



    このような状況においても、日本政府としてはきっちりとした対応を実施するために、より多くの人たちに保育士になってもらおうと採用基準である資格についても幼稚園免許を取得していると資格を同時にとれるという緩和政策も打ち出すなどして、人員の確保について政策を実施してきました。

    このような状況においても現在の日本においては未だに採用基準が変更されたとしても厳しい状況が続いており、大きな要因としては労働時間の多さや業務の負担の大きさなどに対して見あった賃金が支給されていないために保育士になりたいという人が増えてこないのが現状になっています。

    保育士の就職はとても人気があり、興味深いです。

    そこで、採用する際には幼稚園免許を持っている人への待遇を良くしようと試みたり、さらには、現在の勤務状況をできるだけ緩和できるようにしっかりとした取り組みも検討されてきています。
    保育所側としても、保育士の待遇の見直しや採用基準の緩和を目指してより多くの施策打ち出すために、行政と一体となって現状の保育士及び保育所不足の課題に取り組んでいます。